maEdolin Section
マンドリン・レッスンWEBページ
| Home | レッスン | コラム | ライブ | ブログ | リンク | プロフィール | メール | 

 マンドリン・リックの使い方(6)〜Gリック[後編]

 ■マンドリン・リックの使い方(6)〜Gリック[後編]

 応用テクニックのGリック一例です。今回は後編。
 今まで2小節だったフレーズが、4小節ワンセットになっています。

 前編はコチラ   中編はコチラ

 音数も増えて、長いリックになってきています。
 今回も、しっかりトレーニングをしていきましょう。



 リック20 【サウンドを聴く】

 コンポラ系のブルーグラス・バンドが弾きそうなフレーズです。
 ローポジションのメジャー・スケールの動きですので、取り組みやすいかと思います。



 リック21 【サウンドを聴く】

 ウェイン・ベンソンのリックのひとつ。
 B♭の音を刺繍音としての役割を与えているのが特徴的です。



 リック22 【サウンドを聴く】

 曲のイントロやエンディングにも使える、何かと便利なフレーズです。



 リック23 【サウンドを聴く】

 Gラン風リックです。
 ポジションを変えれば、キーを変えることもできます。



 リック24 【サウンドを聴く】

 いわゆるパーペチュアル・モーションを利用した動きです。
 動きはワンパターンですが、アタマと指が混乱しそう。
 使えるようになるまで、時間がかかりそうなフレーズのひとつ。



 リック25 【サウンドを聴く】

 トニー・ライスのギター・リックを、そっくりそのままマンドリンで弾いています。





 Gリック、25パターン、いかがでしたか?
 すぐに弾けたものもあれば、練習をがんばったものまであったかもしれないです。
 
 もちろん、リックはこれだけではありません。
 自分のお気に入りのミュージシャンからどんどん取り入れて、練習してみてください。
 
 また、第2講、第3講でやったように、転調、フレーズの合わせワザも意識しながらトレーニングをすると、
 新たな発見があるかもしれません。

  HOMEへ戻る

Copyright(c)2013 the maEdolin section All rights reserved.

inserted by FC2 system